粒子の細かいものが最適

パール入りのシャドウには、きらきらとした細かい粒子が入っており目元が華やかに見えます。粒子の大きさも様々で、細かいものから大きいものまでたくさんあります。

 
普段使いには、粒子の細かいものが最適です。光を適度に集めて目元を明るく、目を大きく見せてくれる効果が期待できます。また同色系のカラーを重ねることで綺麗なグラデーションになり、陰影をつけることでハッキリとした顔立ちに見せることも可能です。カラーが薄いシャドウなどしっかりと目元に塗りたい時はチップを使うとよいです。自然になじませたい時にはブラシを使って塗ると塗りすぎる心配が軽減します。

 
そして粒子の大きい物は、塗り方に注意が必要です。舞台メイクや特別なシーンなど少し派手向きです。一層華やかに見せることが出来るので効果的です。しかし、普段用に上記と同じように塗ってしまうとたくさんの光を受けてしまうので目元がテカテカになってしまいます。普段に用いるにはハイライトとしてのアクセントなどとして部分的に使用するとよいです。

 
また、これらのタイプはまぶたの腫れぼったい人には向きません。腫れぼったい人が使ってしまうと腫れぼったさをさらに強めてしまいます。これらのタイプの人は何もキラキラしていないマットタイプのシャドウが最適です。

コメントは受け付けていません。